RSS | ATOM | SEARCH
外壁選び。

建物の顔になる、外壁。
だから慎重に選びました。

ただ我が家の外壁は
有無を言わさずサイディングでした。

コンクリートとか、珪藻土や土壁とかに憧れてたのですが
あまりにも高価で、メンテナンスも大変なので即効諦めました。

でも今サイディングってかなり進んでて。
コンクリート調やタイルそっくりなんてのもあり。

価格もピンきりです。高いと当然素敵です。
安いものは明らかにチープな感じがします。

私が選べたサイディングのメーカーは
ニチハ旭トステムクボタ松下電工外装です。
パナとトステムは幅広くやってますねぇ。

最初はカタログから探しました。
紙面上での見た目もお値段反映します。
よさげなのは当然のように高い。。。

本当は無印の家のように
真っ白にしたみたかったのですが
やはり明るい色の外壁には数年で
雨だれ(黒い涙のような染み)ができます。

かなりの頻度でメンテナンスをしてあげないと
10年後には、悲しいことになってるそうです。
経年劣化があまり激しくない色がいいと思いました。

それを踏まえて、白に近いグレーっぽいものを
探すようにしました。多少グレーが入ると違うものです。

できればタイル調や石調なんかが
いいなとか思い巡らせ探してみました。

3社のカタログをひたすらめくって。
物色しました。お眼鏡に叶うの少なかった。。。

その中で一番気に入ったのは
ニチハのマッシュボーダー調と
ポメロストーン調。石調タイプですね。

二つとも最新技術の外壁で
汚れもつきにくく、雨で流してくれるもの。

さっそく実物を見に
ショールームに行きました。



場所は堀江にあるんです。
前から外観はパっとしないのに
若い人結構いて、何の会社?って
不思議に思ってました。

行って納得。家作るんですから
若い人がいるって当然ですよね。

実物を見てみましたが、やっぱり第一印象のはいいなぁ。
でも他にも気になる外壁もあり。何枚も並べては悩みました。

ちなみに事前にカタログである程度はピックアップしておきました。
ショールーム行って初めて選ぶには、サンプルが膨大すぎて大変です。



こうやってサンプルを比べれる
ボードを利用して検討しました。

こちらのショールームは、お願いすると
後日発送になりますが、無料で外観予想図を作ってくれます。
(予約すればその場で見せてくれるそう。)

3種類までOKです。もちろんお願いしました。
立面図だけ持っていけば、結構リアルに再現してくれましたよ。

結局気に入ったのはこちら。

・マッシュボーダー調(マッシュMGソルベ)
・ポメロストーン調(エアルMGグリース)
・コンクリート打ちっ放し16(MGグレー)

カタログで見つけたのとそんな変わらなかったですね。
コンクリート調は実物意外に良かったです。
でも今は素敵だけど、長い目で見るとね。

タイル調でも色んなデザインがあって
いいなと思えるものもあったのが良かった。

ただこの外壁3つとも予算オーバー。
四面貼るととんでもないお値段でした。

私の家は、旗竿な土地といえども東と南側は
比較的見えやすいです。道路からは南全然見えませんが。

なので東と南は同素材のいいものを使って
西と北側は安いのにしようと考えました。

東と南は特殊加工もない普通のサイディングに
することにしました。予算さえあればこちらも
汚れに強いのにしたかったんだけど、首回らず。

東と南の外壁にこだわるなら仕方ないですね。
見えない壁の外壁も探してみることにしました。

とその前に、南と東側の外壁決定させました。
イメージ画像や色んな人の意見を参考にしたところ。。。

結局ファーストインスピレーションのマッシュボーダー調に!
色も淡いグレーなど複数色入り、細い石調みたいなのがやっぱり素敵。
HPでもこのサイディングを使用した見本がありました。


    *ニチハHPよりお借りしました。

選んだ中で一番高価だっただけあって
いいサイディングです。施工もしやすいそう。

安い方の壁はニチハではいいのが見つからず、旭トステムから
同じようなボーダー調のHエトルタNC(ナチュラルホワイト)に。

もう裏側みたいなもんだから好きな白になりました。
きっと汚れていってしまうんでしょうね。そこは諦めました。
自己満にはなりますが、トータルでいい感じになったと思います。

なかなか予算と合わず、何ども計算しなおしたり
妥協できるとこを考えて、そこは苦労しましたが
一番好きなサイディングにできて良かったです。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 11:29
-, -, pookmark
床選び。

家造り記録、滞っておりますが
ドンドン順調に進んでおります。

選ぶものも終盤にさしかかってますが
まだまだ研究や情報収集に忙しいですね。

さて今回は床のお話。

我家の床は、大きく分けて
三つ種類を分けることにしました。

一階の床、トイレ(一階・二階)&脱衣所、二階の床です。

最初は、一階全タイル張りがいいなぁーとか
夢見てましたけど、タイル調ってとても高い。

あっさりと玉砕し、さっさと考え直すことに。
実は家作りにおいて、床選びが一番悩みました。

まず私が選べる床のメーカーは
近くにショールームがない。

小さな床のサンプルで
全体を想像しなきゃならなくて。
これがかなり苦労しました。

トステムやパナソニックの床材なら
ショールームに展示してあったりで
だいたいの雰囲気とか分るんだけど。

やはり小さなサンプルで想像するのと
大きな面積で見るのとはイメージと違うんですよ。
意外と明るかったり暗かったりで。難しい。

でも仕方ないので、
サンプルで選んでいきました。

まず候補のメーカーは3つ。
ダイケン東洋テックスイクタです。

初めて聞く会社名ばっか。
工務店いわく、有名じゃないかもだけど
リーズナブルで質のいい商品が多いとのこと。
結構よく使われるみたいです。ホテルとかでも。

ちなみに私が考えてた理想のフローリング&タイル。

まずタイルは、オフホワイトで艶がないもの。
ザラっとしてるというか。マットなのが良かった。

今の家はトイレとか塩ビとかじゃなく
フローリング続きにするの多いと思うけど
どうも水回りには嫌で。だからタイル調に。

そしてトイレや脱衣所用になるので
水・汚れに強いものを探しました。

この3社でタイル調のものを作ってたのは
ダイケンでした。品名はダイハードアートのサンドストーン柄。

正方形が良かったんだけど、このタイルは長方形。
価格も高かったけど、施工する面積は少ないし。
私の思う条件は満たしてるし、かなり丈夫そう。

次に1・2階のフローリング選び。

予算的にもメンテナンスの面倒臭さ的にも
無垢材はNGでした。あの素材は本当素敵なんだけど
私、気を遣うものって苦手で。あえて選択せず。

ただ一般的なフローリングを選ぶにしても
艶ピカなものや幅の狭いのは嫌だったので
こだわりました。多少でも無垢っぽくね。
後楽チンさを追求しノンワックスタイプ。

そこを踏まえて一階のフローリング。

一階はどうしても暗くなりがち。
明るい色合い床が良かった。
だからそうゆう床材探しました。

こちらはすぐ出会いました。一目で気に入った。
東洋テックスの高級銘木フロア桜のハードメイプル。
艶もそんななく、木目も色合いも自然でいい感じ。

気にしてた幅も101cmあったので合格です。
よくある一般的な幅は、75cmぐらいが多い。

ちなみに今の世間の床材の色のブームは
メイプル系みたい。時代によって違うそう。
確かにこの色北欧っぽいもんねぇ。

リビング&ダイニングがあって一番長い時間を過ごすであろう二階。
少し落ち着いた色目にしたかった。日当たりもいいはずだしね。

この二階の床材が一番難航しました。
思った色にも巡り合えず、折れそうになった。

でも何枚も取り寄せてるなかで
ピンとくる素敵な床材を発見できました。

イクタのプリオスSTのブラックチェリー。
名前の通り少し赤みがかった綺麗な色。

暗くもなく明るいちょうどいい色合い。
これなら私の理想とする家具にも合いそう。

私は最初バーチかオークがいいと思ってましたが
夫が見つけたブラックチェリー。かなり気に入りました。

この床材も艶があまりなくて、おまけに
幅広です。151.5cmあります。素晴らしい!
ちょっと高くついたけど、良かったと思います。

全部貼らないと良し悪しは言えないけど
いい感じに仕上がりそうです。

上下階同じのにしても良かったんだけど
日当たりのこととか、嗜好を変えたいってのもあって
あえて違うフローリングにしてみました。

サンプルだけでも20種類以上取り寄せてみました。
工務店さん的にはまだ見る?って呆れられたかも。。。
でもカタログで見るのと、実際の木の色かなり違うのです。

最後まで粘って、考え抜いただけあって
選んだ3つの素材には今は大満足です。
偶然にも3社から個々に選びました。

できあがってみないと安心はできないのだけど
この全ての選択が、吉と出ればいいなぁ。



採用した床材のサンプル集合。会社によって
こんなに大きさとか違うんですよー。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 10:10
-, -, pookmark
トイレ選び。

我家の新居は一階と二階
両方にトイレを設けました。

最初は一階だけでしたが
母の強い説得に折れました。

コストダウンと掃除の楽さを思ってたんだけど
老後のこととかも考えたら両階いるんだって。

トイレと聞いたら
やはり最初に浮かぶのは
TOTOですよね。
もしくはイナックス

私も当然のように
最初はTOTOで
考えていました。

ただ私はトイレのメーカーよりも
絶対譲れないのはタンクレス!

普通どっちかをタンクレスにして
一個はタンクのあるタイプにすると思います。

でもどうもタンクがあるトイレは好きじゃない。
掃除も大変だしデザインがスッキリしない。

贅沢とは分かってます。削れるところだということも。
でも先々のこと考えても絶対タンクレスにすべきでしょう。

だけどタンクレスは高価なんですよね。
昔に比べ随分安くなったといえども。

最初TOTOショールームを見てきました。
やっぱりタンクレス素敵です。シンプルでいい。

けど一番安いタンクレス↓のデザイン好きじゃない。
おまけに安いといえども、TOTOのトイレ高いです。
だって陶器だもんね。一個ずつ焼いてるもんね。。。


TOTOのタンクレスなら
このタイプ↓が一番好きです。

 

しかしもっともっと高い!
両方タンクレスなんて到底無理。
一個だけでもかなり厳しいレベル。

そこで思いつくのは、パナソニック
アラウーノSです。新参ですが大人気。

 

デザイン的にはTOTOに劣りますが
安い!これなら二個タンクレスいけそう。

確かにTOTOよりチープには見えますが
それは比べたらのこと。使う分には問題なさそう。

洗剤を入れたら毎回流すたびに泡で
洗ってくれるという、機能もいいですね。

パナソニックのショールームに行ったら
案外思ったより良くて、トイレはパナにしようと決意。
そしてトイレの収納設備もパナにしました。

ちなみにタンクレスにしちゃうと
トイレ内に手洗いユニットが必要となります。

そこでもまたお金かかっちゃうんだけど。
タンクレスは譲れないんですよね。

一階はちょっと豪華にしたいので
あえて一般的なメーカーは外して。

お洒落な家、御用達のカワジュンにしました。
全部ここの使いたいくらい素敵なデザイン多し。
おまけにリーズナブルなんですよね。

二階の手洗いは質素にしたので
パナソニックのお手軽なのにしました。
私これ何気にシンプルでいいと思ってます。

  

後細々したトイレアクセサリーは
ここでもカワジュン使うことになりそうです。
前記したサンワカンパニーも使用予定です。

トイレもいつかWeb内覧会で
ご披露できればと思ってます。

小さなスペースですけど、大切な空間。
いっぱい考えたので、できあがりが楽しみです。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 10:21
-, -, pookmark
お風呂選び。

お風呂は我家にとって
とても大切な場所です。

一日の疲れをとってくれるし。
肩こりも取れたり、癒しの空間。

新婚当初から賃貸マンションなので
お風呂には不自由してました。狭くて。
換気も悪くて、掃除も大変でした。

だからお風呂選びは力入ってました。
相方も図体がでかいので、ゆったりできる
大き目のお風呂を切望しておりました。

ユニット限定で考えてました。在来は見かけいいけど
使い勝手はあまりだと思うんです。高価だしね。

私がこだわったのは、タッチ水栓であること
魔法瓶浴槽であること、カラリ床であること。

後はオプションで浴室暖房乾燥機とかを付けるつもりでした。
ランドリーパイプは見た目はあんまだけど、便利だからね。

タッチ水栓は標準ではあまりなくて、ちょっとグレード上がります。
魔法瓶浴槽とか、半身浴槽やカラリ床は標準なのが多かったです。

候補に挙がったのは以下三件。
3つの仕様は最低条件としてクリア。

TOTO サザナ 優(仕様:タッチ水栓、魔法びん浴槽、カラリ床)

サンウェーブ サンリフレ BRワイド(仕様:タッチ水栓、キープ温浴槽、カラぴたフロア)

トステム ラ バス テイスト(仕様:プッシュ水栓、サーモバスライト、サーモフロア)

やっぱり普通に良かったのは、TOTOです。シンプルだし機能的。
何より浴槽がいい。自然にゆったりできる半身浴槽。さすがです。
サザナの中で一番グレードが高かったけど、デザインもなかなか。

サンウェーブは、タッチ水栓を選ぶと必然的に、お風呂の中で一番高い
グレードになってしまいます。TOTOでいえばスプリノになるみたいな。

お値段はもちろん高いのですが、なんてったて値引率がダントツでした。
ただ三社の中で一番デザイン性がない。半身浴はあるけど浴槽狭い。
浴槽に執拗にこだわった相方には不評でした。価格は魅力的なのに。

トステムは全然知識も興味もなかったんですが、見れば結構なハイレベル。
(後から知りましたが、イナックスとお風呂は提携してるのね。納得です。)
プッシュ水栓もシンプルで素敵だし、なにより壁がタイルを選べます。

おまけに憧れのタイル張り。嬉しい!今お風呂の流行りはアクセントパネル
(一部だけ色や柄が違うもの)ですが、私あれどうも好きじゃない。

ただ難点があって。トステムでタッチ水栓タイプを選ぶと浴槽が
半身浴できるものがなくなります。(トステムではステップ浴槽という)。

足も伸ばせるし、ゆったりできるから相方の強い希望だったんです。
お湯も少なくて済むのでエコだし。これは困りました。迷いに迷う。

彼は最初1620の広さのお風呂を絶対条件でしたが
それも妥協させ、せめて浴槽だけは好きなのと願ってました。

可愛いのはトステムでしたが、トステムの中で
半身浴槽を選ぼうとするとタッチ水栓がない。

トステムは、メタルのシャワーも素敵だし
インテリアバーとかも統一感あっていい。
TOTOはシャワーとかがイマイチなんです。

で結局やはり、浴槽の良さを取ってしまいました。
TOTOのお風呂は普通に見えても、考えられてるんですよね。

後私はここのタッチ水栓のデザインも好きです。
そして機能も標準でハイレベル。餅は餅屋ですね。

よって『TOTO SAZANA 優』に決定!
風呂サイズ、照明、壁、浴槽のデザインが
違いますが、これと同等タイプを選びました。

 

未だにトステムのタイル壁やシャワーには未練がありますが、
お風呂自体の機能はとても良いし、一応デザインも満足してます。
そして意外にも価格も抑え目になりました。一番大事よね。

窓も大きめに取ったし、思った以上に開放感も出そう。
これでまた無印の家のお風呂に近づいたかもしれません。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 14:27
-, -, pookmark
洗面化粧台選び。

おしゃれな洗面ボウルを使って、可愛いパウダールームに
するのも素敵なんだけど、私は洗面所は機能が最優先。

相方はサンワカンパニーので、いいなぁを連発してましたが軽くスルー。
あまり他人に見せることなく、ほとんど自分たちしか使わないしね。
それに私時々洗面台で洗濯物洗うのよね。手洗い系のやつとか。

だから私はユニットタイプのにしました。その方がもちろん安いし。
一番したかったのは、パナソニックのウツクシーズ。でも高い!

やっぱパナはデザインがいいですね。TOTOも良かったけど
お値段変わらないならパナが一番です。機能美ですよね。

 

これ初めて見たとき、私の脱衣所はこれだ!って思ったけど
さっそく予算の壁に玉砕。せめて似たのでいいからと断念。

そしてお値段で比較的安く手に入ったクリナップの『S』に決定しました。
クリナップってキッチン以外も作ってるんですね。初めて知りました。

 

ちなみにいたって普通。お色もホワイト。これに天袋収納も付けました。
シンプルで機能と掃除のし易さを考えるとやっぱこのタイプになります。
こだわったのは、引き出しタイプで、鏡の裏に収納とコンセントがあること。

妥協といえども、できるだけパナに近づけようと画策したので嬉しい。
ただ探してもなかったランドリーラックだけパナのをつけることに。



私はよく室内干しするのでこのラックには一目惚れしました。
今も似たの使用してるので、絶対便利と確信しております。

床下収納も作ろうかと思ってたけど、湿気が気になるし
意外と使いにくい。だから壁一面の収納を目指しました。

スタイリッシュでカッコいいとかはいかない洗面所ですが
私は大満足のセレクトです。いい感じになればいいな。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 11:50
-, -, pookmark
サッシ・建具選び その

建具やサッシのカテゴリーに入るかな。
玄関ドアもトステムで選んでおります。

特にどこのメーカーがいいとかなかったので
トステムの中で物色することになりました。
玄関は家の象徴にもなります。大切な選択。

まっさきに一目惚れしたのがDD(デザーナーズドア)です。
薄くてシンプルでカッコいい。無印で使われてそうなもの。

これにする気満々でしたが、工務店に反対されました。
なぜなら明り取りのガラスがなかったタイプだから。

私はそんなの気にしてなかったんだけど
旗竿の奥にある光が入りにくい土地なので
玄関が真っ暗になるよと助言されました。

風水的にも玄関は明るい方がいいとなってたと思うし
それなら似たタイプでFIX(はめ殺し)がセットになってるものを
探しました。そしたらあるもんですね。エスキューブ44型です。

袖ガラスが左側だけにあるものを採用しました。把手も建具のもの
同じようなのになってます。ショールームに見本があったので良かった。



これは両袖タイプだけど、私のは片袖タイプです。
乳白色のガラスになってるので、プライバシーも大丈夫。
フラットで無機質なドアが素敵です。家の顔にピッタリです。

後トステムで選んだのは階段の手すりとか。クローゼットの扉もですね。
納戸や玄関収納もトステムにして建具との統一感を図りました。

いつかWeb内覧会で細々とお披露目できたらなと思ってます。

ちなみにトステムに行く時もちゃんと予約してます。
そうしないとコーディーネーターが付きませんので。
後日見積もりやイメージ図が送られてきます。

トステムのショールームには数回結局行ってるんですけど
一度イベントの時に遭遇したので、帰りお土産もらいました。



なかなか豪華です。うどんまでくれました。
家事消耗品は嬉しいもんですよね。

場所は不便だけど、選ぶものも沢山あったし
一回の訪問じゃ済まされないんですよね。
行くまでが大変なのに。車あればいいけど。

トステムは扱ってる商品数が多い上、ショールームもでかい。
だから展示数も半端なくある。私は結構楽しめましたけどね。

とにかく後悔なきようしっかり見定めないとね。
実物を見るまでは全体のバランスとか不安だけど
いい出来上がりになれば嬉しいなと思います。

それにしてもトステムで一番予算費やしてるかも。
まだまだ増えそうな勢い。。。恐るべしですね。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 11:06
-, -, pookmark
サッシ・建具選び その

トステムでのインテリア建材選びは比較的簡単でした。

なぜなら室内の建具(ドア)は全て
ホワイトにするつもりだったから。
そしてデザインは極力シンプルに。

トステムで白タイプは『リフレホワイト』になります。
真っ白ではなく木目調の白です。いい感じです。

白は汚れやすいので敬遠されがちと思いきや
最近は建具を白にする家多いみたいです。
明るくなるし、室内広く見えるもんね。

ここでもお手本にしたのは、無印良品の窓の家の建具。
普通のドアはガラスなど細工のないシンプルなものに統一。

そしてドア把手はまたまた無印にありそうなものにしました。
実際ネットでも販売してるMUJI infillにソックリなんですよ。


*HPからお借りしました。

サークルDのファインシルバーです。
丸みのある取っ手が可愛いです。

和室・脱衣所などに設けた引き戸は、さすがに何もないのは寂しいので
ガラスが入ってるのにしました。そして中でも一番カッコいい引き戸は。。。


*HPからお借りしました。

二階リビングの扉に採用した引き戸。
透けガラスとアルミの枠が素敵です。

引き戸の方が結局予算かかってしまいました。
扉はウッディーライン(高)とファミリーライン(安)を
分けて使用してます。似たものは安価な方とかね。

建具は他も色々決めることありましたが
(ドアストッパーとか錠デザインとかです)
サクサクっと簡単に決まっていきました。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 13:21
-, -, pookmark
サッシ・建具選び その

サッシは一般的にほとんど引き違い窓を
採用されている家が多いと思います(↓例)。


*トステムHPからお借りしました。

でも私の憧れは無印良品の窓の家
ああゆうスクエアな窓とかに強い憧れが。。。
窓は住宅の重要なデザインの一部ですから。

防犯上仕方ないとはいえ、シャッターも好きじゃない。
色んな変わった形の窓をいっぱい採用するつもりでした。

トステムには素敵なお洒落で可愛い窓が
たくさんあったんですよ。ワクワクしました。



掃き出し窓(床まである窓)ならこんなのとか。



小さい窓を色々組み合わせても可愛いなとか。



どこかアクセントに丸窓もいいわねとか。

妄想膨らみまくりで、トステムに臨んだわけでしたが
瞬時に打ち砕かれてしまいます。予算の大きな壁に。

こうゆうお洒落で新しい窓は、お値段が普通の窓と
何倍も違うのです。ちょっとどころではありません。

正直窓がこんなに高いものだとは思いませんでした。
そして世の家が引き違いが多い理由が分かりました。

当然ですが一番安いのです。そりゃみんなこのサッシ
採用するよねって感じ。ちょっとこだわるだけで何十万と
違いが出てくるのがサッシの世界だったのです。

変わった形は当然のごとく高価ですが
ガラス面が大きいものや特注サイズも
たとえ引き違いであっても高いのです。

一応トステムに出向く前に、相方と図面を見つつ
トステムのHPから使いたい窓を書き出していましたが
さっそく練り直さなきゃならなくなってしまいました。

だから最初思い描いてたサッシは半分以上は使えなかったけど
それでも苦肉の策というか、いい感じのサッシ選びはできました。
妥協したといえばそうですが、再考した窓も案外イケテます。


*トステムHPからお借りしました。

思案してた中で、落選しなかった窓。
大型スクエア窓です。無印の家で見て
どうしても取り入れたかったのよね。

あれだけ興味がなかった引き違い窓もあちこちに
使うことにはなりましたが、悪くないようになってます。

それにしてもこうゆう時にこそプランナーさんが欲しいと思った。
素人が窓のことも考えるのは、本当大変です。苦労しました。
色んな雑誌や町へ出て好みの住宅を見歩いたりしました。

当初の考えてた窓はかなり諦めたといえども、多少は使うことにしました。
そのお陰でサッシの予算は膨れ上がりました。窓はこだわると大変ですね。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 09:43
-, -, pookmark
サッシ・建具選び その

サッシとは窓とかのこと。
建具とはドアのことです。

家を作るにあたって、重要なポイントになります。
だって外観において窓の印象は大きいと思うし
内装でも建具の存在は不可欠ですもんね。

これらを作ってるメーカーも
世にたくさんあると思うのですが
私が選べたところは『トステム』でした。

お値段安いかどうかということよりも
工務店が慣れ親しんだメーカーになりました。

サッシや建具を調整したりするのは、現場の大工さんの
お仕事になります。多分サッシなんか特にいつもどこのを
使ってるって工務店ごとに決まってるんじゃないかなぁ。

もちろん注文住宅なので希望はいえたかもしれないけど
そこは仕事のやりやすいメーカーのを使うことにしました。
不慣れなものを使うと、手間かかったり失敗する可能性もあるし。

サッシはあまりこだわりがなかったのですが(強いて言えばYKKAP?)
建具はパナソニック電工が良かったな。断然お洒落で素敵なの多いです。

でも現場仕事がしにくいので、困るし大変と言われ諦めました。
建具は老舗でもあるトステムの方がしっかりしてると宥められました。

やっぱここでも餅は餅屋戦法にのっかりました。ちなみにトステムはトイレ以外
家関連全般作ってるんです。なのでショールームが大阪で一番でかい!



トステムの大阪ショールームは南港にあります。ハッキリ言って遠い。
辺鄙な場所です。駅からサークルバスに乗らないと駄目だし。面倒。
駐車場は無料なので、車あれば気軽にこれるとこだと思うんだけどね。

ただこれだけ沢山の展示するなら仕方ないのでしょう。見るのも一日がかり。
ビル自体がトステムのビルなんですよね。圧倒される大きいショールームビル。

大きな面積のフロアが4階まであります。扱ってる商品をほとんど見れるし
ゆったりしてる展示なので、見甲斐はありますね。あり過ぎて悩みます。

各階にテーブルや椅子もあるし、あちこちに種類の多い給茶機も設置され
見学するにはとてもいい環境。ショールームの中で一番見やすかったかな。
カッコいいとかを求めるメーカーじゃないけど、堅実な感じがしました。

さて南港という寂れた場所にあるので、一日中いるとご飯を食べるのに困ります。
なのでトステムにはレストランが併設されてます。一日中食べれるみたいだけど
ランチ時は、ビッフェ(バイキング)が頂けます。ただ時間が短いので要注意です。



休日に行きましたが、空いてました。でも種類はそこそこあったかな。



お値段は1,200円ぐらい?カレーとかもあり。
サラダばっか食べました。ドリンクも飲み放題です。



一応デザートもあります。全体的に味は食堂っぽい。
期待せず、お腹を満たすにはいいかもしれません。

ではまた長くなりそうなので、続きは次回。。。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 15:52
-, -, pookmark
キッチン選び その

次はクリナップ。色んなショールームは基本
大阪市内なら本町周辺にあります。便利でいい。

もちろんサンウェーブとは別日に行ってます。結構体力使うので
分けて見に行った方がいいですね。集中力なくなるもん。



実はそんな期待せず行ってきました。カタログ上はサンウェーブと大差ないし。
どちらかどいえばクリナップかなってレベル。見積もり次第だなって感じでした。

だけど。実際行って体験してみると、クリナップかなりいいです。
細かなところで、気がきいてます。さすがキッチンブランドの老舗。

テンション上がりまくりでしたよ。やっぱ相性ってあるんですね。
迷う隙もなく、キッチンはあっさりクリナップに軍配が上がりました。


*HPからお借りしました。

まず気に入ったもの。新製品の“うきうきポケット”がいい!
どうもサンウェーブのパタパタくんに対抗したっぽい。

引き出しを開けると、一緒に扉側のミニポケットが自動に
上がってくれます。まさに浮いてくるのです。

包丁やまな板、サランラップなど入れれます。
(コンロの引き出しにはお玉やフライパン入れます。)

サンウェーブのパタパタくんは引き出しと扉が別々なので
入れれる形が決まってくるし、引き出しの中の物と
一緒にまとめて取るとかできませんもんねー。

扉の色も気に入ったのがありました。
ウッディな感じも憧れますがここは無難に。

スウィーツシリーズの『アンニン』です。
綺麗な白。白すぎずパール感もなくちょうどいい。

キッチンの色を見てきて思ったけど
白っていってもホント様々ですよね。
改めて白の奥深さを感じました。

色はサンウェーブでは散々迷ったのに
一目で決定。相方も同意見でした。

ワークトップの人口大理石の色や
キッチンパネルの質感も良かった。
トータルでいい仕上がりになりました。

ではクリナップで素敵だと感動したもの
数点ピックアップして紹介しましょう。


*HPからお借りしました。

最近の換気扇はすごいね。“洗エールレンジフード”には感動しました。
おまけにグッドデザイン賞もの。パッと見普通のレンジフードに見えますが。

これはなんと約10年はレンジフードを洗わなくていいんです。セットさえすれば
自動で洗ってくれるそうです。なんて画期的。面倒くさがりの私、即採用決定。



こうゆうスタイリッシュなのにも憧れたたんだけど
如何せん掃除がラクな方になってしまいました。


*HPからお借りしました。

一番の下の引き出しキャビネット“フロアコンテナ”も考えられてます。
私はこの丸みを帯びてるのがちょっとねぇて思ってたら、意味があるんですね。

掃除機をかけるときにあたらない設計。アルミなので頑丈でもあります。
相方はここ気に入ってました。引き出し開けてもマットとかひっかからないし。

今じゃ標準だったサイレントレール(引き出しがゆっくりしまる)や
掃除しやすく水音静かなシンクは、キッチンの進化を感じました。

部分的にはサンウェーブの方がいいのもあったけど
トータルでは断然クリナップ。キッチンって何でも同じじゃ
ないんだなと改めて使い勝手の良さを実感しました。

他も沢山選んでいきましたが、どれも満足するもの。
できあがった時に改めて紹介できたらなと思ってます。

でも予算が30万ほどオーバー。辛い。
キッチンにかなり力入れすぎたようです。

これでもそこそこ妥協したつもりだったので
やっぱ家作りは予算の壁は高いなと痛感。



クリナップのお土産。この日はクリナップのイベントのあった時で
くじ引きできました。残念賞だったけど(当たりは堂島ロール
ハーブをもらえました。それも六個も。嬉しいですね。

すっごい人多かったけど、こうゆうイベントの時に行った方が
お茶菓子とかも出してくれるし、賑やかだしいいかもですね。

ちなみにクリナップ、かなり気に入ったため
何度もその後プランを練り直しに行ってしまいました。

計3回&電話相談も。さすがに通いすぎかと思ったら
コーディネーターさん曰く「平均3、4回ですよ。」とのこと。
みんなそんなに行くのかな。でも1回じゃ絶対無理。

帰宅後あっち方がいいかもとか止めとこうとか
色々違うアイディア浮かんだりするもの。

ちなみに別日にもう一回行ったら
またお土産もらってしまいました。



ミニポン酢。これも嬉しい。

私についてくれたコーディーネーターさんも
とても親切で詳しい方で頼もしかったです。
的確なアドバイスたくさんもらえたしね。

クリナップ内には給茶機もあったので
お茶・コーヒー・紅茶が飲み放題でした。
結構長丁場なのでこういうの助かります。
(サンウェーブはサービスで自販機のを一杯頂けました。)

ちなみにたまたまですが、クリナップもサンウェーブも
行った日は大阪ガスのコンロの促進イベントもあって
コンロを使った実演&試食なんてのもありました。

私はもちろんガラストップコンロだったので
喜んで体験させてもらいましたよ。



そしたらまたお土産。
キッチンペーパー&高機能クロス。

消耗品は有り難いですね。
後レシピブックとかもくれました。

そういえば私キッチンの形にはこだわりがありました。
今標準の対面キッチンが苦手。会話しながら人の気配を感じながら
お料理できるのはとても便利なんだそうですけど。。。

まず人に料理してる姿を見られるのが好きじゃない。
料理に集中したいので(たいしたもの作りませんが)、
会話する必要なし。相方もどうせテレビがネットやゲームに夢中だし。

だから二列型キッチンが理想です。
シンクとバックキャビネットが平行してあるタイプですね。

でもコーナーカウンターを作ったので、若干リビングを見える隙間は残しました。
ダイニングは真横にしたので、動線も問題なし。素人ながら考えぬきました。



キッチンもゆったりできるのが理想だったので
後ろとのスペース1mぐらいは確保しました。

そしてキッチンそのものの長さ。3mあります。
作業台が広いと本当に便利ですもんね。

後ろは冷蔵庫スペースもあるので
2.55mにしました。収納たっぷりね。

やっぱ女性たる所以か、キッチンには
なんだかんだ言ってこだわってしまいました。

続きを読む >>
author:solaris, category:Road to my home:設備篇, 10:57
-, -, pookmark